第25回 点が線に、線は面に


一気に暖かくなってきて、朝起きるのが突然得意になった(笑)ひろろん店長ですけども~。

ここ滋賀県では、例年に比べ長く寒い冬だった印象ですがみなさんのところではいかがでしたか?

まだまだ寒いという方もいらっしゃるかもしれませんがとにもかくにも終わらない冬はないということで、間もなく三月もおしまいです。

そんなわけで、季節柄、新社会人、新入学生にエールを送りたいという事で、点と線、そして面の話を少ししようと思います。

あまりにもよく話される話なので、耳なじみのある方も多いかと思いますが少しお付き合いください。

ざっと要約すれば、最初は、たったひとつの点であっても、それを続けていくつも繋げていくとそれは、やがて点ではなく線になる。

今度はそんな線をいくつもならべていくといつかそれは、ひとつの面になっているという話です。

これを現実の生活にあてはめれば、たとえば、

「今日はがんばって苦手な〇〇に挑戦してみよう」

と思いたち、がんばって挑戦して、横にずらーーっと日にちを並べて書いたカレンダーに何かしら挑戦したというマークをつけていくことにしましょう。

翌日は、しんどければ休んでもかまいませんので、その更に翌日に

「よし、昨日はやすんじゃったけど、今日も○○をがんばるぞ」

とがんばって、やはりカレンダーに挑戦マークをつけます。

以降、同様に1日ごとにがんばって挑戦してはマークをつけていくことができれば、この努力はやがてカレンダーに点点とマークを連続してつけていく結果となり、その点は、少し離れてみれば、線のようになっていく筈です。

翌月のカレンダーは、一段下に数字をならべてみます。
同様に挑戦マークの点は線になっていきます。

その翌月も1段下に・・・・。

そう、2年も続けていいければ挑戦マークの線は面のようになるんじゃないでしょうか。

そして、おそらくそのころには、その挑戦してきた○○は、全然苦手なものではなくなっているとおもいます。

「そんなん当たり前、苦手なことをそんなに続けられたら苦労なんてしない」

そんな風に思いますか?
ほんとにね、私もそう思います(笑)
でもこれが例えばみなさんの興味のある恋愛の話だったなら・・・。

若い男の子と恋愛の話をしていると良く耳にするんです。

「一生彼女と一緒にいるし」
「絶対結婚するし」
「ずっといつまでもそばにいるねん」

素敵ですね。

でも、「ずっと」とか「一生」とかってどうすれば実現するか知ってますか?

なんというか・・・

思い込んだらそこが「ずっと」という日になったり、あるとき突然、今日という日が一生というものに化けるものじゃないですよね。「ずっと」とか「一生」って特別な日を指しているのではない訳です。

「ずっと」とか「一生続く」愛情にするためには、まず、「今日」愛する事です。
そして明日もまた同じように「今日」愛してください。
その次の日もまた次の日も・・・。そして、一日一日、同じように「今日」愛して過ごすということが、結果として、ずっと愛していることになり、一生愛していくことになるんです。

少しイメージしてもらうことができたでしょうか?

何か得意ではないことを新たに始めるとき、最初の時点で

「絶対1か月間毎日休まず続けるぞ」

と決意してスタートすると相当にプレッシャーがかかりますし、最初から少し重たい気持ちになってしまいます。

まず今日がんばること。
明日の今日もがんばってください。
もし明日の今日ががんばれなかったら明後日の今日をがんばってください。
なるべく、毎日「今日をがんばる」という事ができたなら、それはやがて線になり、面になり、自分をかえていってくれる筈です。

とはいえ・・・

ひろろん店長の場合、唯一にして最大の問題は、続けるという事そのものがもっとも苦手な事だという・・・・(汗)