第2回 音楽初心者仲間募集


ひろろん店長です。

さて、唐突ですが私はアマチュアのトランペット吹きをしておりまして、 2つの音楽グループに所属しています。

ひとつは、大型フェスティバルやレストランなどでも演奏させて頂いているビッグバンド。
もうひとつは、本当に楽器を買ったばかりといった人たちもあつまる初心者バンドです。

先日11月29日に京都のレストランで今年最後の本番演奏をさせていただきました。
大好きな仲間たち、そしてとてもノリの良いお客様たちと過ごせたとても楽しい本番でした。

いろんな人たちにこうした音楽活動について話をすると、 本当にみんな口をそろえて

「あー音楽のできる人はいいねー」

とか

「若い頃に楽器やってればねー」

と言葉を返してきます。

でも、私の学生時代なんて、毎日朝から晩までパソコンをさわっているだけで音楽活動とは全くの無縁の毎日だったんですよ。

トランペットを手にしたのは、実は、ほんの偶然、わずか数年前の事だったりします。

ですから、もちろん、本当の意味で上手な演奏なんて出来ませんし、 その面で偉そうな事は何も言えません。

強いて言えば、いい歳したおじさんが、トランペットにぎって立ってるとそれっぽく見えるというかなんというか、まぁ、先入観って大事ですよね(笑)

だからこそ、いろんな方たちに一緒に音楽やりませんか?と誘ってみるのですが、殆どの方が即座に首を横に振られます。

で、どうしてここでこんな話を書いたかといえば、 つまりは、学生、社会人問わず、何かしら理由をつけて新しい事にチャレンジできない人がとても多いと思うからです。

それはつまり、手にいれられる筈の楽しみや可能性を自分で閉ざしてる人が多いという事です。

私は、音楽を媒介に本当にたくさんの人たちと知り合う事ができ、 そしてそれこそ親子としか思えない歳の離れた超若手たちとも友人づきあいをさせてもらっています。

何気なく手にした楽器が 音楽という楽しみと、素晴らしい仲間たちを与えてくれた訳です。

あの時、億劫になって楽器を握らなかったら・・・なんてことはすでに想像もできません。

あなたは、何か考えるとき、先に「できない理由」を考えてしまってはいませんか?

それは、「やってみたけど、出来なかった」じゃいけませんか?

「できない理由」を考えるのではなくて「どうやったら出来るのか」を考えてください。

たったそれだけの考え方の転換で、きっと毎日が変わっていきます。

やってみてダメだったらダメだったでそれだけの事。

とりあえず、ここに、全くの初心者でも一緒に音楽をやりましょう というバンド(コミュニティ)があります。

トランペット、トロンボーン、サックスといった管楽器、あるいはキーボードやピアノでも構いません。

ちょっと興味あるんだけど・・・という方は、是非、ご感想フォームからご連絡を!(ここで勧誘していいのか?汗)

楽器選びからでも相談にのりますよ、私も素人なのでお役にたつかどうかは責任もてませんけど(笑)