第1回 デカ盛り食堂編


編集長のひろろん店長です。

いやぁ、ついに創刊してしまいましたよ「からさきコミックマガジン」通称、からコミ!

正直、最初はほんの思いつきだったわけですが、面白半分でひとりふたりと声をかけていくうちに引くに引けない事に・・・(苦笑) そんなわけなので、とにかく作品提供でも、編集スタッフでも、協力してくださる方、全力募集中です!ただし、現状、全員ボランティアなので、その点は予めご理解を(汗

とまぁ、編集後記はおいておいて、先日、からコミスタッフをはじめ、カードゲーム店や、ビッグバンドの仲良しグループでデカ盛りで有名な某食堂にいって参りましたよ。

この仲良しグループ、特に名前があるわけでもないのですが、便宜上、ここでは「ボンクラーズ」とでもいたしましょう(笑)

ひろろん店長は、いわば、ボンクラーズ隊長ということで。

ボンクラーズは、とにかく楽しい事が大好きです。

話題のお店へのお食事ツアーをはじめ、たこ焼きパーティー、野外バーベキューやフィッシング、人狼ゲームに、TRPGに桃太郎電鉄勝負、挙句にみんなで楽器を持ち出して演奏ははじめるわ、餅つきしだすわ、キャンプにまで行ってしまうわと、本当になんでも一緒に楽しめてしまう ひろろん店長自慢のコミュニティーなのです。

そして、一番重要な点は、みんながみんなを大好きで、それぞれに思いやりをもって行動できるという事。
十代から四十代まで男女問わず、こんなコミュニティ、最近少ないですよね。

さてさて、話をもどしまして、
今回のお食事ツアーの目的地は、テレビやらなんやら、とにかく大津でデカ盛り、大盛りの食堂といえばここの名前が真っ先にでてくるという”あの”お店。

何年も前にも仲間内でデカ盛りチャレンジにいってた時期があったのですが、月日が流れ、店主さんも代が替わり、悲しいかな、少し評判も落ちてしまっていたので足が遠のいていたんですよ。

でも、先日、ボンクラーズの大関たちがどうしても、ここのデカ盛りカツ丼に挑戦したいと言い出して、他のメンバーに声をかけてみたところ・・・・
集まったわ、集まったわ 高校生から四十代までの総勢12人!!

チャレンジしたメニューは、

大盛りかつどん 3人 850円
大盛りやきそば 1人 800円
かつどん 4人 700円
カツカレ- 2人 730円
マーボー丼 1人 忘れた・・・
豚しょうが焼き+ご飯 1人 忘れた・・・ご飯は200円だった筈

これ、大盛りって書いてないメニューは普通サイズだって思うでしょ?
いえいえ、そんなお店じゃありませんから、何しろデカ盛りの殿堂(笑)

先代の頃のデカ盛りに比べれば大分パワーが落ちている感は否めないのですが、それでも、大盛り度合いは相当なものです。

本当はみんなの激戦ぶりを事細かにレポートしたいところですが、字数制限的にちょっと無理なのでいきなり結果発表!

大関三人の大盛りチャレンジは、文句なし、見事なまでの快勝!
そのうちの1人、K氏は、ともすれば、もう1人前くらいいけそうな・・・・あー、おそろしい(汗)

そしてその他の並盛りシリーズもそれぞれきっちり完食!

ただひとり、大盛りやきそばの高校生Hくんが、残念ながら最後の最後にリタイア。

うん、でも君は、がんばった。 おそらく、そば玉にして4玉か5玉分くらいはあったはず!

以前のお食事ツアーでは京都の天丼やさんで前にも進めず後にもひけずで、目の前のどんぶりから目をそらし、せっぱつまった面持ちで床と天井に視線をなんども往復させていた君の姿をひろろん店長はけっして忘れたりはしないのだ。

次回こそは是非とも、”勝利の栄光を君に!”

本当はね、とある高校生が

「あ、これ薬の味だ・・・・」とつぶやいたり、

「あーなんかこれ炭みたいな味がする・・・・」とか、

「あれ?カツ丼のはずなのにカツに衣がない・・・(そもそもそれってカツっていうのか?)」とか、

ここではかけないようなセリフがとびかっていたとかいなかったとか(笑)

みんな店主に怒られないように(これ、なんかおかしくないか?)、少なくとも表向きは「美味しい、うん。とっても美味しいです」っていいながらお行儀よーく食べてたよね!

どこにいって何をしても、しっかりたっぷり楽しんで帰ってくる、それこそがボンクラーズ精神!
次はどこいこうねー。

というわけで、からコミの記念すべき初コラム、しょっぱなから少し毒を吐きつつ、これにて完です。

これからも、できる限りいろんな人のいろんなコラムを載せていけたらばと思っていますので、そこはかとなく楽しんで頂けましたら幸いです。

最後に・・・・
けっして、上記デカ盛り店をお勧めしているわけではないですから!!(爆